JAPAN

W-BAD Japan 2017

「世界ベンゾ注意喚起の日」

W-BAD ジャパン2017年

 

 

W-BAD ジャパン2017の予定

Calendar for W-BAD Japan 2017

1. 厚生省陳情訪問(参加者募集中!)

Ministry of Health visit—petition & talks (now recruiting participants!)

2. チラシ配布作戦 in Shinjuku(参加者募集中!)

W-BAD Pamphlet Appeal in Shinjuku (now recruiting participants!)

3. W-BAD 2017 の共同創立者・代表者から民進党への手紙

Letter from W-BAD Co-founder to Democratic Party of Japan


1.厚生省陳情訪問 – 参加者募集中!

(詳しくは下記をクッリク)

Ministry of Health Visit—Petition & Talks

厚生省陳情訪問 – 参加者募集中!

場所:厚生労働省前歩道で集合

日時:7月11日(火)午後2:00

参加者:ベンゾの被害者、応援者、政治家(40人)

参加費用:無料(出来ましたらボランティアスタッフの交通費のカンパをお願いします)

必要用品:なし

問い合わせ:

「精神医療の真実」のカコ

嶋田和子氏

kakosan816@yahoo.co.jp

 

Ministry of Health visit—petition & talks (now recruiting participants!)

Where: Ministry of Health Buildings, Kasumigaseki, Tokyo

When: Tuesday, July 11, 2:00 pm

Who: BZ victims, supporters & select politicians (40)

Cost: (contributions welcome)

Necessities: None

Inquiries: 

Blog writer (Kako)

Ms. Kazuko Shimada

kakosan816@yahoo.co.jp

 

実施概要(Outline)

厚生省に40人の当事者・被害者を集め、薬害オンブズパースン会議作成に係る要望書の各項目を改めて要望する(W-BADのTシャツお持ちの方はそれを着てお越し下さい)。東京都議会議員の上田令子氏、「精神医療の真実」のカコ氏、「世界ベンゾ注意喚起の日」(W-BAD)の共同創立者・代表のウェイン・ダグラス氏も参加する予定です。他数名の中央•地方政治家に参加を要請中。面会相手方:厚生労働省、各部局・部署担当官、複数名。

時間割:

13:00 厚生労働省前 歩道集合

14:00 厚生労働省へ陳情訪問

15:0 懇親会(近隣のコーヒー店かカフェレストラン – 要実費)

16:30 散会

 

陳情訪問の内容の見込み(厚生労働省の1階会議室にて)

14:00 会議前挨拶・面会設定への謝辞と自己紹介

14:05 厚生労働省各部局・部署 担当からの回答

14:30 質疑応答と担当官等との自由談義

14:45 陳情訪問対応された厚生労働省 各担当官への謝辞

14:50 会議への感謝の言葉・退室•退庁

参加をご希望される方は「カコ氏」若しくはお問合わせを含め事務局までお願いします。

 

2.チラシ配布作戦 in Shinjuku – 参加者募集中!

(詳しくは下記をクッリク)

W-BAD Pamphlet Appeal in Shinjuku

チラシ配布作戦 in Shinjuku – 参加者募集中!

場所:新宿駅JR新宿駅西口改札付近(予定)

日時:(未定)

参加者:ベンゾの被害者と応援者

参加費用:無料(出来ましたらボランティアスタッフの交通費のカンパをお願いします)

必要用品:なし

問い合わせ:

「精神医療の真実」のカコ

嶋田和子氏

kakosan816@yahoo.co.jp

 

こちらでパンフレットをダウンロードできます

このチラシをダウンロードして注意喚起の活動のためにお使いください。(内容確認の協力者:薬のチェックは命のチェック

 

ダウンロードの仕方(How to download):

Front(表紙)とBack(裏面)をクリックしてダウンロードしてください。この2つの画像が裏表の1枚のパンフレット(両面コピー)になります)。

印刷の仕方(How to print):

ダウンロードしたら、A4の用紙の片方に表側をプリントします。そして、同じ用紙のもう片方に裏側をプリントします(両面コピーの出来上がりです)。大量に印刷する場合は白黒にすると節約できるでしょう。また近くの公民館などのでは印刷したほうがお得になるかもしれません。

 

W-BAD Pamphlet Appeal in Shinjuku (now recruiting participants!)

Where: Shinjuku Station, Tokyo (West exit ticket gates)

When: (pending)

Who: BZ victims and supporters

Cost: None (contributions welcome)

Necessities: None

Inquiries: 

Blog writer (Kako)

Ms. Kazuko Shimada

kakosan816@yahoo.co.jp

 

DOWNLOAD JAPANESE PAMPHLETS HERE

 

実施概要 (Outline)

この企画は「世界ベンゾ注意喚起の日」の予備イベントとして実施しおり、新宿駅でチラシ(用意完了)を配り、注意喚起をします。参加をご希望される方は、カコ氏までお問い合わせください。お待ちしております。

 

3.W-BAD の共同創立者・代表者から民進党への手紙

(詳しくは下記をクッリク)

Letter from W-BAD Co-founder to Democratic Party of Japan

W-BAD の共同創立者・代表者から民進党への手紙

2017年5月8日に、World Benzodiazepine Awareness Day (「世界ベンゾ注意喚起の日」“W-BAD”)の共同創立者・代表のダグラス氏は、民進党あてに手紙を書き、この社会問題についてのご理解と、「世界ベンゾ注意喚起の日」へのご支援をお願いしています(手紙はこちらで読めます)。

 

On May 8, 2017, W-BAD Co-founder, Wayne Douglas wrote to the Democratic Party of Japan asking them to support World Benzodiazepine Awareness Day and our cause. (click below to read letter)

Democratic Part of Japan Letter in English

Click to view and save .PDF

 

日本でのキャンペーンについてはこちら

To learn about how to campaign in Japan, click here

 

政治家による支援

Political Supporters

 

東京都議会議員の上田令子氏(左から2番目)

新宿の議員の野頭健氏(右)

Tokyo Metropolitan Legislator, Ms. Reiko Ueda (2nd from left)

Shinjuku Ward Legislator, Mr. Ken Nozu (far right)

 

「世界注意喚起の日」についての日本語情報はこちら (Please click here for more info on W-BAD in Japanese)